読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結局あのあとやっぱりハンニバル観て取り返しの付かないことになったら大変だっていうんで、園子温監督の他の映画観ようかなって思って「恋の罪」を観た。(若干ネタバレあり?)

冷たい熱帯魚」に引き続いて神楽坂恵のロケットおっぱい良かった。あと今まで知らなかったんだけど冨樫真という女優さんがほんとにすごくて、内容的にも主にこの人と神楽坂恵の二人の話だったっていうのと、二人とも脱いでるから水野美紀の存在意義と彼女がフルヌードになった必要性が全くわからないという不思議な事態に陥っていた。完全に食われてると思ったんだけど、話の筋からいっても敢えて食われる設定だったのかな、よくわかりませんでした。

それと神楽坂恵が演技力あったら、あの裸で鏡の前でポーズをとりながら「ソーセージいかがですか?」って言うところは邦画史に残る名シーンになってたと思うんだけど、すさまじい棒読みで、私は園子温のそういうところが好きになれない。以前さんま御殿で妻である神楽坂恵(本名いずみちゃん)に「いずみん坊や♪」という歌を作っておうちで歌ってると話してたが、他の俳優が出てるシーンはきちんと監督してても神楽坂恵が出てくるシーンだけはいずみん坊やが好きでたまらないただの男になってる。でもいいよな。私もあんなに愛されたら仕事の才能なくて全然いいもん。と落ち込みながら寝ました。