読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分で言うのは変な話だけど、私は子供の頃可愛くてモテるからという理由でいじめられていた。髪の毛を耳にかける仕草が気にくわないと女ボスに言われた。だから私は女の子っぽくしちゃいけない、目立ってしまう、と、今となっては馬鹿な話だけど当時は真剣に思ってた。その馬鹿な呪いが大人になっても解けなくて今日気付いたらただのもっさいおばさんに成り果てていた。

Mr.Childrenの2マンライブに申し込みした。Mr.ChildrenHEATWAVE(福岡)、エレカシ(大阪)、くるり(名古屋)、アジカン(東京)、小谷美紗子(札幌)で対バンツアーをやるのだ。ファンクラブ会員専用と一般で申し込みが2口できた上にそれぞれ第三希望まで日程・席の種類が選べた。6パターン応募出来たわけで、これはどれかあたる気がする。私は札幌と大阪を選んだ。小谷美紗子エレカシが観たい。一番観たいのは小谷美紗子なんだけど、交通の便でいうと札幌よりは大阪、やっぱミスチルエレカシっていうのも、小谷美紗子もそうだけど2度と観れないと思うし、あとエレカシのライブにも行ったことないし、つったら小谷美紗子もだけど…と考えてたらすごい楽しくって、職場で干されてる憂鬱も吹き飛んだね。チケット当たって、金の工面がついて、多分つかないけど、だからリボ払いして借金までして行く決心がついたら、私会社さぼりますから。

この件に関しては後日ということでほんとにしたかった話というのは、今回のチケット応募は顔認証方式だということなのだ。応募する際に顔の写メを送ってそれを運営側に登録、ライブ当日その写メのデータと本人を照合するというシステム。今日応募締め切りだったのだがずっと悩んで昼休みに応募を決めたので、誰もいないところで写メを撮ったら、知らないおばさんが写っていた。

頰の輪郭はだるだるでほうれい線はくっきりのいわゆるブルドッグ顔、だがその他の余白は太ったことからパンパンになっていて奇妙な顔だった。小学生の頃の私に見せたい。あなた余計な心配しなくていいからおしゃれしなさいって言いたい。

高校卒業して引きこもりになりコンビニにも怖くて行けなかった頃から今までほぼ人と関わってこなかったしだいたい無表情で生きてるから顔の筋肉の老化が他人のそれよりえぐいんだなと思う。まあそれでも生きてきただけで及第点としますけどね。

それだけ苦労して生きてきたんだ、それが顔に刻まれてるんだっ!と自分を甘やかして、さっきお菓子結構食べました。自分にご褒美。よーし、明日も法定雇用率満たすために席に座り続けるぞー!

…我ながらひどい終わり方だとは思うが、もう現在1:24でこれ以上考えると徹夜になるので書き逃げして寝る。