読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスしたときの、部下の適切な在り様がわからないことについて

今日ミスしたかもしれない。ある工程をやった記憶がないからその工程を吹っ飛ばしてやった恐れがある。しかし気付いたときには私がやったやつは多分外部に渡ってしまったあとだった。なのに「すいません自信がないので見直させてください」と言うとものすごい人数や顧客を巻き込むことになり、言えなかった。(あとで考えるとやはりここは言うべきだった。)

もし工程すっ飛ばしたとしたら、その仕事やってたとき注意を削がれる出来事があったからだと思う。これADD由来なのかな。おそらく私はADDもあるというのが主治医の見立てだけど…

自分の特性からの失敗を先回りしてチェックリストやマニュアルを作っても、チェックリストやマニュアルを確認すること、作業を再開するときに一旦落ち着くとかを忘れることだけはどうにもならない。注意を削がれる出来事があるとそのときは意識が飛んでる感じで数秒間とか数十秒とかの記憶がないからその間の行動は全くわからないし、意識が戻りたてのときは頭からいろいろ抜けてるから、そのときにやらかすんだな。

うーん、ADDの注意を削がれて記憶が吹っ飛ぶ+ASDのイレギュラーな出来事で軽くパニックで、失敗したのかもしれないな。もし私がミスしてたとしたらすぐ発覚すると思うんだけど、何も言われなかった。でも確実にミスしたときも何も言われないから、見放されてるのか。

ミスしたときとか、態度が悪く感じるとか、「障害特性でこうなってるのかもしれない」ということで会社側が何も言えなくなってるとしたら良くないし、それはこちらの責任だ。「何かあったときは障害とか関係なく注意してほしいです」という雰囲気を出せてないのだ。もしかしたら私は障害者利権(?)を盾にしてくるタイプというかハイリョガー的な人間と思われるような態度になってる可能性がある。

結局私はミスしたのかなあ。ググったら上司がよくやることとして「部下のミスをこっそり直す」というのがあったが、「こっそり」というのが美徳なのだろうな。私的にはミスを指摘していただいてやり直しの方が全然ありがたいのだが、せっかくこっそり直してるのに仏頂面で「ミスあったら言ってください」とか言ってくる部下は可愛くもなんともないんだろう。だからといって、ミスをフォローされっぱなしでぼーっとしてるやつは、それはそれで頭に来るんだろうな。

可愛くなれなくていいから、ムカつかれない部下になりたい。どうすればよろしいでしょうか。ご教授ください。以上、よろしくお願いいたします。