読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中の鏡を割りたい。

最近の悩み。自分の見た目について。

まず自分がイエベ・ブルベなのかわからない。自己診断ではイエベ秋だけど。そこはプロにみてもらうしかないんだけど、服買いに行く服がないと同じでメイクしてもらいに行くメイクが出来てないし、それ以前に知らない人とがっつり話せないからそういうのは無理。

あと細かいことは自分の身体的特徴に関わるから言わないけどいーっぱいある。友達がいればいろいろ客観的にみてもらったり教えてもらったりできるんだろうし、世の女の子は中高生くらいからそうやって知識や技術を得ていくんだろうけど、私にはそんな文化がなかった。

あとそもそも自分の顔鏡で見るのが嫌。家ではまだいいけど外でトイレ行ったときとか気持ち悪すぎて鏡見れない。だからメイク直し出来ない。メイク直ししたとして周りの華麗な女子に囲まれると死にたくなるし、メイクしたとして何ともならない気持ち悪さだし、技術もないから他人に見られたくない。あと0・100思考だからこんな顔にメイクしたところで意味ない、やっても無駄という考えが占拠してメイクする度げんなりする。

根本的なことを言ってしまえば私は私の体が大嫌いだから肌含め他人に自分の体見られるのが耐えられないからコスメカウンターとか絶対無理だしいつまでも先に進まない。美容院も見られたり触られたりするのが嫌だからメンタル不調期には絶対行けない。

服も必然的に自分の体型のこと考えなきゃいけないから出来れば布でぐるぐる巻きに統一したいくらいだ。試着して自分の体型に合うとかラインが綺麗に見えるとかをチェックするなんて自分のことが好きじゃないからやるのが苦痛だ。なるべく自分の体のこと考えたくないし最近私服を制服化したらめっちゃ楽になった。

だったら人の目なんか気にせず好きにやったらいいんだけど、やはり定型に擬態したい、見た目でばれたくないという気持ちもあって、だから普通のどこにでもいる女性の見た目になりたいと思う。でもいざやり始めるとこんな見た目で頑張ったところで/この年から頑張ったところで全く意味がないと思いやる気が失せる。そしてやる気が失せたくせに街を歩いていると他人の目が気になり、こないだなんかギョッとした目でこちらを見てくる女性がいて、もういいや死んでしまおうと思った。死ななかったけど。そんな自分にうんざりした。

だから口ばっかではなく知識を得るように努力をするようにはなった。でも実際興味ないことを努力するのは苦痛だし、メイクやファッションについてのサイトやアプリ見ていてはたとこんなこと勉強してる時間あったらExcelとか勉強したり読書したり映画を観たり音楽を聴いたりした方がいいんではと思うときがある。時間を無駄にしてる感じがすごくするし、やはり私は読書や映画や音楽に時間を費やしたい。Excel勉強するのは実は嫌だ。

…話がズレてきたので今日はここら辺で終わる。ここまで書いて結局私は自分大好き人間で自分が可愛くて仕方ないんだなと思って気持ち悪くて死のうかなとまた思った。むしゃくしゃして過食したくなってきた。でもこれ以上太って醜くなったら本当に死ぬしかない。って死にたいんじゃないのかい。もう何なんだ私は本当に自分のことが、

もうしんどい。