読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二こすり半劇場

彼氏って私のどこを見てきたんだろう、何も理解してない。悲しい。よく病名や障害名ではなく本人を理解するようにしているとか言う人いるけど、知識がなければ理解出来ないし、本当に理解しているなら知識は重要じゃないとは思わない。

 

そして彼氏のことをまるで夫のように思っていた私にも失望した。赤の他人のことなのにそんなに深く理解しなければならないと責められる筋合いないでしょ。

 

実際に口に出して責めてはない。そんなことしたら人として終わりだった。

 

最初は私のこと理解してもらいたいなんて思わなかったのに。いつの間に私のこと全部知ってほしいとか思うようになってしまったんだろう。死んだ方がいいな、コンドームも捨てたし。何だこの論理の飛躍。認知の歪み。

 

コンドーム捨てたんですよ。何の話かと思われる方がいるかもしれないが、昨日一旦書いて非公開にした記事の中で自殺したときコンドーム残ってたら遺品整理する家族が可哀想だからコンドーム捨てますって書いたんですよ、で、今日コンドーム捨てました。

 

数年前ネットで引っ掛けた相模原の男とやるときに買ったやつの残りでした。残りというか単に捨てるのを忘れていたやつ。そいつはめちゃくちゃ早漏でしたがビビりませんでした。何でかと言うと私が初めてやった男が二こすり半(※三こすり半ですらない)でイくようなやつだったからです。何なんでしょうね。私は名器なんでしょうか。