読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の日

8時頃からうつ発作のでかいやつが来て、ずっと泣いてた。泣きながらも一応、母の日だからなんかメッセ送った方がいいのかとは思ったけど、こんな無職で近いうち自殺するつもりのやつが「いつもありがとう」とか「これからも元気でね」的なことを言えないし、私が死んだあとこたえるんじゃないかと思って、何も送らなかった。

私が生まれてしまって、両親をこんな子供の親にしてしまって、可哀想だと思う。私みたいなのが生まれてしまって、親の人生を狂わせたことは本当に申し訳ない。自殺することがお詫びだし、一番の親孝行だと思った。

しかし、私は同時に、今日何かしら母に言ってしまうと私が死んだあと母がこたえるとも思っていて、それは母に愛していてもらいたいと思っているということで、なんて自分は厚かましいんだと思う。こんな欠陥品は愛されたいとか願う資格がない。早く死んで、家族を楽にさせるべきだ。

とか思ってまた泣いてたら、15日の0:00になってしまった。母は今日ずっと私からの連絡を待ってたのかもしれないと思った。

そして、ほらやっぱり自分は愛されてる前提だもんなんなんだお前。連絡なんて待ってないよ。私からの連絡なんて待ってない。普通に生活してた。思い上がるのもいい加減にしろ。と思ってまた泣いた。