わたくし

ASDとADHDを持っています。1日のことをひたすら書いてますが、基本雑記ブログです。

鬱病患者用の脳トレ本ほしい

あらすじ
3/3の記事の、脳トレ本って鬱病患者にも効くのかなって疑問から始まった、自分の脳終わってんなっていう話。

 

ー以下本編ー

 

 脳トレって鬱病患者にも効くのかなと思い、「東北大学 脳トレ」で検索したら一番上に出てきた

 

「東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング」のサイト読んだら、

 

ニンテンドーDS東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』を用いることによって

 

脳のワーキングメモリーと脳の処理速度の成績がアップする傾向にあるという結果が出ました。

引用URL:https://www.nintendo.co.jp/switch/as3ma/about/index.html

 

とか結果が出ていると書いてあったが、対象者が健常人なのか私みたいに脳が破壊されまくってる人なのかわかんない。

 

論文リンクがあったしそれには書いてあるのかもしれないが、英語だったのでよくわからない恥ずかしい。

 

しかし効果が全くないとは思えないからやりたいなと一瞬思ったが、私はゲームの類一切しないからわからないが、これを買ってやるとすればかなりの出費になるんじゃなかろうかとビビった。

 

  

嘘でしょNintendo Switchって本体だけで4万もすんのか。ゲーム疎すぎだから2万くらいかと思ってた。

 

今私はセルフネグレクト全盛期すぎて虫歯がやばすぎるから、4万あったら歯医者行かなきゃいけないんだ。2万だとしても歯医者行かなきゃいけないんだけども

 

脳が終わってる上に歯も終わってんだ。逆に何が始まってんだそんなものない全部終わってると思ったが、老化が順調に始まってた。

 

そしてソフトは、 

 

公式HPでは

パッケージ版:3,480円+税(タッチペン付き)

ダウンロード版:2,680円+税 だった。

 

まあこれなら買えるが本体が買えないもん。そしてこのようにもう最初から全部揃えて「さあ!やりましょう!」みたいのではなく、

 

もうちょっと軽い感じの「まずはこのペラいドリル的なやつ1ページとかやってみよっか」みたいなのから始めないと、私のような脳破壊完了者にはハードル高すぎな気がする。

 

しかしそもそも、 川島隆太教授は東北大学加齢医学研究所の教授であり、川島隆太研究室HPによると、研究テーマは脳機能イメージング 脳機能開発研究 認知症予防とある。

 

よくわかんないが、鬱で頭吹っ飛んだみたいな人の専門家でないことは確かだろうな。

 

だけどやっぱり加齢予防のドリルだとしても鬱で終わった人にも何らかの効果あんのかな。

 

と思ったところで思い出したが、昔鬱でバイト休職していたとき、ってバイト休職して傷病手当金までもらえてたんだがそれすごいと思う。

 

とにかくそんな時期があったが、そのとき障害者職業センター行ってたらこういう脳トレみたいなドリル渡されてそれやれ言われたなあ。

 

しかし鬱すぎて数問やったところで毎日寝込んでしまっていた。

 

障害者職業センターに通う皆が作業・訓練してる部屋なのにそこのソファーで毎日、たった数問の脳トレ問題解いて毎日寝込んで、それで私の休職期間が終了してしまった。

 

終了してしまったっていうか、自分が焦ってもう復職してもいいだろとか自己判断したがやっぱり駄目で、復職して即会社にもう一回休職させてくださいと言ってしまい、

 

ってかなり図々しいというかそんなのありえないが、当然本社から遠回しの解雇通告来たから辞めたんだけど。

 

そんな経緯あったから、脳トレやったらやっぱいくらかは解決すんのかなあ。

 

しかし、当時脳トレ数問やっただけで毎日寝込んでたとか、本当にそんなことがあんのかな。

 

演技じゃないのか。自分でも信じられない。

 

…とにかく、できれば鬱で脳破壊完了した人向けのトレーニング本を出してほしいなあ。

 

それで、100%まで戻らなくてもいいから、せめて本とか論文とか読めるようになりたいわ。

 

脳トレの本持ってないから、試しに漢検とか解いてみようかな今から。

 

大昔に買って勉強すらしていない『漢字検定3級[頻出度順]問題集』(高橋出版)がその辺にぶん投げてあったからそれをやってみるか。

 

奥付にこれが何年に出版されたか書いてないから、何年版のやつなのかわかんないけど。

 

しかし、当時の脳トレ数問でぶっ倒れるほどではないから模擬試験をしてみようかと思ったが、それだと当時と比べてどんくらい脳があれなのかとかいろいろ検証ができないんだが。

 

そもそも脳トレの本でやらない時点で検証も糞もないからいいんだけど別に。

 

まあ、状態的には当時よりは今の方がマシと思われるから、とりあえず今(12:25)から、何年のやつかわかんないけど、漢検3級の模擬試験をやってみる。

 

漢検3級の模擬試験やってみたけど(13:04)200点満点中173点で合格安全圏だった。よかった。自分は漢検3級くらいの脳はあるということがわかった。

 

全問解いてもぶっ倒れなかったから当時脳トレ数問でぶっ倒れたときよりはマシなのか。しかし頭がすごい疲れたんだが。危機感はなくならない。

 

しかも、漢検3級程度で27点間違えてるっていうのが地味にキツいな。そしていつものように、頭使ったら眠だる状態になってしまった。

 

やっぱり脳は一旦破壊されたら治らないんじゃないのか。

 

派手に鬱やった10年前以前と今じゃ自分は全くの別人、まあASD他の理由でいかれてる人って思われるっていう意味ではずっと同じだが、

 

そんな悲しいことではなく、なんかちょっと動いただけで疲れるとか、すぐ寝込むとか、文章が頭に入らないとか、そんなんが10年も続いている。

 

今すぐこのニンテンドーDS東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング』を買えば何とかなるのかもしれないが、自分はまず歯医者に行かなければならないし…

 

中年なるとただでさえいろいろ一気に詰み始めるのに、私のように生育歴めちゃくちゃでメンヘラになりセルフネグレクト歴も大ベテランみたいな人は、ドミノ倒しのようにあらゆることがものすごいスピードで詰んでくるな。

 

って、締めがわからないからって鬱な話を永遠に書いてしまうから唐突にやめる。