わたくし

ASDとADHDを持っています。1日のことをひたすら書いてますが、基本雑記ブログです。

My Reality

昨日は朝から部屋の掃除、といっても枕周りのいくつかのゴミ収集、あと2件の電話をした時点で「いつものが来た」と思いました。

 

私には妙に調子いい日の翌日は反動で激鬱になるパターンがあります。昨日もそれでした。しかも、反動が来るのは今までずっと翌日だったのに、昨日は当日の23時に来て、そのせいでその激鬱と闘った結果ブログで荒れましたが、あれしか対処の仕様がありませんでした。

 

いきなり脳内に20世紀フォックスのロゴのような馬鹿でかいRealityというロゴが出現して、そこから激鬱がスタートしました。20世紀フォックスのロゴは真っ黄色ですが私の脳裏に浮かんだRealityというロゴは真っ赤でしたが。

 

中年ひきこもり、web内職者で現在抑うつひどすぎて療養中つまり実質無職状態の者にRealityとかそんなでっかいロゴでババンと見せつけなくてもいいじゃんかひどいと思いました。

 

そのRealityのおかげでずっと昨日は激鬱中Realityという曲、ただしソン・シギョンさんという韓国の国民的歌手の方のカバーバージョンですが、それをエンドレス聴取しながら激鬱りました。

 

(ちなみにこれを書いてる今もソン・シギョンさんバージョンのRealityをエンドレス聴取してますが)

 

そしてそのときのブログにも書きましたが高校のとき尊敬していた先生から「聖書、コーラン、仏典は読まないと駄目」と言われたのに読んでないからこんな人生になった、と思ったので、

 

なぜか誰かから昔もらった新約聖書を読んでみるも冒頭から理解できず断念したりして余計激鬱り、ASD特有の気分の切り替えができないやつも手伝って、

 

あともう説明すんのもうんざりですがYouTubeでRealityの和訳動画観てたらコメントに昔Reality流れてるホール的なとこでディープキスした思い出書いてる奴がいてそれでさらに精神荒れたりして、朝まで寝れなかったし、散々でした。

 

しかし、私のストレスコーピングの一つである、好きな歌の歌詞を書写するというやつをRealityの歌詞でもやったのでそれは多少コーピングになったと思います。

 

そしてそのあと、推しと推しグルへの気持ちを書きまくって愛を炸裂させたらあらゆるストレスから解放され一気に眠くなり、7時過ぎ安眠して13時頃起きました。

 

…ということは今の私にとっての最大のストレスコーピングは推し活なのか。それはすごく嬉しいしこんな需要と供給ぴったりのコーピング法あって私は幸せですわ。

 

そして起きてから昨日、てか今朝までのことを思い、歌詞を書写するのは障害者雇用で働いてたときのストレスコーピング法だったけど、今後復活させようと思いました。

 

昨日から今朝にかけての激鬱具合、最近、と言っても去年の10月から始まって未だおさまらない抑うつゾーン、その間起こしてる何回もの健忘、それらを思ったとき、それくらい今ストレスかかってて辛いんだろと感じたので。

 

あと、高校生のとき尊敬してた先生からの教えである、聖書とコーランと仏典は読まないと駄目っていうの、今更ですがやろうと思いました。

 

今日は体が糞怠眠すぎなので無理でしたが…

 

私は本を読んでこなかったのが人生の恥BEST3に入るほど本を読んで来なくて、こんな中年なるまで時間腐るほどあったのにほんとに本を読まずに無教養で恥ずかしいです。

 

Fayrayを見習えばよかった。Fayrayという90年代から活動してる歌手がいますがFayrayは高校生の頃世界の名作的な本は一通り読んだそうです。

 

それを私は子供の頃に知ったのに全然読んでない。本当に恥ずかしい。私が大学生のとき読んでいたもの、『ユリイカ』という雑誌は大学の図書館に毎号あってそれは必ず毎号読みました。

 

あとは文芸誌の『群像』も全部は読んでないけどちょこちょこ読んでた記憶があります。

 

でもあとは、研究者の最新論文が載る本みたいなので私のこと嫌ってる教授が論文省略されてんのチェックして「お山の大将じゃねえか」とか馬鹿にする、そんなことしてた記憶しかありません。

 

失われた時を求めて』も何回も挑戦しても、必ずスワンが訪れてくるところで何故かやめてしまうのでスワンが来てからの話が全然わかりません。

 

スワンが来て以降のこと知らないで死ぬ人生でいいのか。

 

自分がどの本を読破したのかすっかり忘れました。本当は本好きなはずなのに読めないし、それなのにせっかく読破したと思われる貴重な本も忘れて悲しくなってきました。

 

(何だか今自己憐憫ゾーンに入ってるような気がするんですがまた不安・抑うつ発作がくるのか。まあ気にせず続けますけど)

 

学生のとき図書館にはほぼ毎日行っていたし本も借りまくっていたのに全く読まずか、読んでも途中までしか読まずに返却するばっかの人生です。何で最後まで読まないんだ。

 

家にも10年単位の積読本がいっぱいある。買うだけ買って何故読まない。恥ずかしいにもほどがある。

 

自分は自殺するとか言ってるけど世界の名作を読まないまま自殺した人間でいいのかとは思います。

 

本を読まない人が駄目って言ってるのではなく、自分の恥BEST3とかいっといてそれやらずに自殺すんのはどうなのかという意味です。まあ実際死んだらそんなのもう関係ないですが、本当に何も成し遂げないまま死ぬ自分、まじ糞すぎんなという嫌悪感でいっぱいになります。

 

こないだラッセルの『幸福論』を読んでみたらたまたま40ページ読めましたが、それは奇跡的に読めただけで普段全然読めないけど、読めるときに読めるだけでいいから、ちょっとずつ読んでいこうと思いました。

 

5歳くらいから小学6年くらいの頃の私は本大好きでめちゃくちゃ読んでたし、学生の頃の自分はめちゃくちゃ学問が好きでした。学問と心中するとか臭いことをブログに書いたこともありす。

 

そんなのが本当の自分なのに、中学生頃からどんどんメンタルがおかしくなって、病院行ってなかっただけで確実に発達障害の二次障害が子供の頃からあったし、それだけでも無理なのにいじめられたりリンチされたり基地外と言われたりロボットと言われたり

 

そのせいで本当の自分を楽しんで生きてくることができなかった。人のせいにすんなとか言う人がいますが、全部じゃないけど一部は本当に人のせいだと思いますよ私は。

 

人のせいにすんなと言う人が私レベルとかそれ以上の発達障害を持ってて悲惨な二次障害持ってて親からも散々なことされて育っても人のせいにしないのは、それはその人の個人の考え方だしその人がそれでも生きていけるならやればいい。

 

でも私は生きていけてないし今過去最大量の薬飲んでるし、二次障害が最悪なんですよ。それに自分では耐えられない量のストレスがかかってるんです。

 

ストレス耐えられる量は人によって違うんでしょうけど私はその量が小さいのですぐ根を上げてるだけかもしれないけど、でもその量はあらかじめ備わってるやつなんだからそれと付き合うしかないです。

 

二次障害に潰されてきた人生って今日思いました。もちろん発達障害自体のせいで人生が終わったことは事実だし、もう生きてる意味自体は10年前から全くありません。

 

だけど子供の頃から本当はやりたかったこと全部やれてきたかっていうと、絶対に二次障害のせいで出来なかったことがあった。

 

発達障害自体のせいで出来ないことは今後も出来ないからそれはもう仕方ないし、それのせいで自殺しようと思ってるのでそれはいいです。

 

でも小学生の頃まで本が好きだったのに中学生の頃から読めなくなって、本当は世界の名作全部読みたいのに読めてない。

 

最近子供の頃から学生の頃までの自分が本当にやりたかったことを考えて泣くことが多いです。泣いたって生まれつき発達障害なんだからどんなルート辿っても最終的に精神崩壊して人生終わるのも確定事項なんだけど。

 

でも世界の本たくさん読んで心が豊かになって、学問に夢中になって、毎日研究して、他の研究者の論文もたくさん読んで心が弾んだり奮い立ったりして、仲間と研究の話で議論したり、たまには研究室で皆でお酒飲んでだらだらしゃべったり、

 

あ、院生のとき研究室で後輩と2人でお酒飲んで楽しく過ごしたときはあります。他にも同期と後輩とくだらない話したり、ずっと研究室で仲良く話してた、私にとっては奇跡だった時間はありました。

 

そんな人生をずっと過ごしたかったけど発達障害のせいで発達障害の専門家からストップかかったし無理でした。主治医からも院出たらスーパーの裏の人になれと言われたし。

 

中年から時間を取り戻すことなんかできないし、今から昔やりたかったことをやったって虚しいだけだけど、しかも学問やりたいとか言っても日本学生支援機構ローンが800万もあるし、

 

とか思ったら泣けてきたなあ。800万借りて夢を叶える気しかなかったから。

 

これからは頑張ってWeb内職して800万円返せるのかなあ。

 

障害年金の遡及請求分せっかくもらったのに頭が完全に飛んでたときにもらっちゃったので、頭のため・これまでの人生を報わせるために使ったり、あと頭が完全に飛んでたから致し方ない使い方したのもあったり、あと生活費とか。あと一年分は日本学生支援機構ローン返しました。

 

まああと残ったうちの何割かは親にたかられてなくなっちゃったんですけど。そんなこんなで全部なくなりました。

 

だから、自力で800万返す人生なんですよね。自殺はしたいけど結局本当に本人が自殺したら返還免除なるのか不明だし。あえて不明にしてるとこが日本学生支援機構のムカつくとこです。学生を支援するというなら、はっきりと本人死んだら返還免除しますと言ってほしいです。

 

昨日はDreams are my reality The only kind of real fantasyなんてなことを思ったけど、私のRealityは上記のようなことなんです。

 

…って結局自分は何を言いたいのかな。仕方ないかこのあと不安・抑うつ発作が来るんだし。

 

でも昔、診察で、発達障害のせいで夢叶えられなかったから生きる意味ないって主治医に言ったら、そんなこと言ったら自分も本当は獣医になりたかったのに精神科医してるよと言われました。

 

まじで可哀想だ。動物を治す仕事がしたかったのになれなかった過去を、基地外(私)を慰めるために話してまた先生は傷付いてしまった。私を慰めるための作り話だったらいいな、

 

とにかく皆、それぞれに夢と現実があって、夢を叶えられなかったら現実にただただ耐えてそして死んでいくのだとしても、

 

その間に楽しいことがあるのが普通ですよね。友達と遊んだり趣味に没頭したり。家で一人のんびりするのが好きな人は休みの日夕方まで寝たりして、それで何となくテレビぼーっと観てとか。

 

なのに私はそんなの一個もないまま自殺するまで過ごすのかあと思ったら虚しすぎました。だから本も読みたいし論文も読みたいし勉強もしたいのにできないし。

 

そう、結局自分は、今ようやくわかったけど自殺するまでの時間豊かに過ごしたいと言いたいんでした。なんだけど、二次障害のせいで全然豊かになれそうもないまま自殺する自分しか想像できない。

 

だけど最近、音楽聴けるようになったんですよね。障害者雇用やめて無職になってからの自分は本当に趣味と言えるものが全くなく、音楽なんて小学生の頃からずっと好きだったのに好きじゃなくなり。

 

なんだけど何故か最近毎日聴きまくってるし、明らかに数年前と違うんです。朝好きなアルバム選んで聴くとかも今までなかったし。時期的にブログ再開したときと被ってるからなんかやっぱブログ再開したり、昔のブログを強制閲覧したのもよかったかもしれません。

 

だからちょっとだけ昔の自分が戻ってきて、少しだけ豊かになったのかも。

 

予感としては本も論文もたいして読めないし読めても意味が理解できなくて、学問なんてさらにできないまま死ぬ気がするけど、音楽聴けるようになってきたからそれでいいかな。

 

人生全体で考えたら一番好きなもの音楽だったし。

 

つうわけでなんか、このままの生活してそのときが来たら自殺するってことで話がまとまりそうですね。

 

これが私のRealityか。しっくり来ました。