わたくし

ASDとADHDを持っています。1日のことをひたすら書いてますが、基本雑記ブログです。

リハビリ166日目

22時シュアかサンス心→0時過ぎ起床→過食なし→就寝→5:18起床

 

↑5:18の寝起きに書いたやつだが、半分寝ながら書いてるから「22時就寝」と書きたくて「22時シュアかサンス心」とかなってるの怖すぎ

 

あと半分寝てるのに何としてもブログを書くのだというこの無意味な執念も怖すぎる。

 

   ◇◇◇◇

 

今日は0時過ぎに起床してしまったので、このまま一日夜まで寝れないのか?と思い、寝るのは諦めて韓国映画を観たい気持ちになった。

 

そして1時頃から今更『パラサイト 半地下の家族』を観た。途中眠くなったので(つまらないからではなく睡眠時間2時間だったから)寝たが、

 

5時台に起きたから続きを観て映画は完走した。私はなぜ今まで『パラサイト』を観てなかったのだろう、と思ったが、 

 

そもそも自分はただでさえ映画の教養的なものないし、特に最近あんまり映画を観ていない。

 

私はBBCの「21世紀の偉大な映画100」とエンパイア誌の「史上最高の映画500」を制覇することにしたのに。Excelとかで管理して次々に観まくらないといけないわ。

 

    ◇◇◇◇

 

『パラサイト』で鬱なったわけではなく、鬱病的な意味で7時頃から激鬱になり、

 

「今日は内職なんかできないし、かと言ってその他の何かをする気も起こらない 絶望だ」とか思っていたが、

 

なんとなくTwitterのオタ垢を見たところ、昨日あったという推しグルのインスタライブでの「推しの可愛いモーメントまとめ」の動画をたまたま目撃し、おかげで激鬱治った。推しの力はすげえ〜

 

その動画を貼りたいのだがしかし、インスタライブをオタクの方が編集したやつだし、一般の方のツイートだからそれをブログに埋め込むのはそのオタクの方に迷惑かと思う。だから貼れない。

 

しかし推しは信じられないほど可愛かった。

 

そしてそのおかげで午前中は前日下書き完了したやつを見直し&手直しして納品した。「推しありがとう」の言葉では到底足りない。

 

最近激鬱すぎて全然追えてないが元気になったら推し活いっぱいしたいと思う。今は推しが出たテレビ番組すら観てないし、昨日インスタライブあったことすら知らなかった。

 

何かするとすぐ疲れるしな。オタ活する体力がない。

 

今だって13時前だが既に疲れてて午後内職するか悩む。内職やめたところで、体力的な意味で他にやれることがないが。

 

    ◇◇◇◇

 

午後は疲れて1時間くらい昼寝してそれからゴロゴロしてたまに内職するという過ごし方して凹んでたが、

 

メール見たら推しグルの某メンバーからメール来ててめちゃくちゃ励まされた。やっぱ全員分メール登録しててよかったな。

 

内容は「今日がいい感じの日じゃなくてもいいじゃん。楽しく過ごして自分を大切にしてね」みたいな感じだった。

 

今日の自分は0点だが某メンバーのおかげでいい気分で終われるし、これからの人生このメールのことを思い出せば生きることができる(重すぎて某メンバーに申し訳ない)。

 

    ◇◇◇◇

 

今日は内職も勉強もたいしてしないまま0時になってしまった。

 

不眠のせいなのかわからないが最近慢性的な疲れがあり内職も勉強も思う通りに行かない(寝れてたときも思うように行ったことはない)。

 

精神的にも低下の一途だし、冬に向けて去年のようにまた低迷期が始まるのか。

 

まあ最悪の場合、親に正直に

 

「自分はもう一生こんな感じでお宅様方からいただいた諸々の後遺症的なもののせいで使いものにならないから責任取れ」

 

を数百倍にマイルド表現に変えて言うからいいや。

 

ところで、前回の診察で朝&夕&寝る前&頓服で処方されていたワイパックスがいきなり全部なくなってその分がいきなり全部レキソタンになったんだけど、そのせいか夜はちゃんと眠くなる。

 

しかし超短時間睡眠はまだ治らないが… 眠剤も強いのに変わったのに何で治らないのかな

 

よくわからない事態だが耐えるしかないな。そういうわけでめっちゃ眠いので寝てみる。しかしまた1時とかに起きる確率99%

 

リハビリまとめ

お風呂× ヘアケア× ドライヤー× スキンケア×
ラジオ体操・・・×
スクワット・・・15回×3回
ヨガ・・・朝15分
散歩・・・×
勉強・・・漢検2級 50分 FP3級 1時間20分
内職・・・一件納品 一件下書き全然進まない
読書・・・×
動画視聴・・・『パラサイト 半地下の家族』
家事・・・トイレ掃除
感想・・・推しと推しグルメンバーありがとうございましたなどという凡庸な表現しかできない語彙力のない自分。